公開日  更新日

ピンクダイヤモンドが「なくなる」といわれている理由は?

ダイヤモンドといえば無色透明な色を思い浮かべるかもしれませんが、実はレッドやブルーなどのカラーダイヤモンドも存在します。なかでも「ピンクダイヤモンド」は、無色透明なダイヤモンドよりも価値が高く、美しい見た目が魅力的です。しかし、今後は入手困難になることが予測されています。

本記事では、ピンクダイヤモンドが「なくなる」といわれている理由を解説します。ピンクダイヤモンドの価値や価格相場についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ピンクダイヤモンドとは

ピンクダイヤモンドとは、その名の通りピンク色のダイヤモンドを指します。ほんのり淡い桜色から紫がかった濃いピンクまで、色の濃淡もさまざまです。カラーダイヤモンドの中でも希少価値が高く、愛らしくてかわいらしい見た目は多くの女性を惹きつけます。

 

なぜピンク色に輝くのかは未だ確かな原理がわかっていません。しかし、結晶化する際に窒素原子が取り込まれ、炭素原子が欠けることでピンク色になったといわれています。
ピンクダイヤモンドには「完全無欠の愛」という言葉が込められているため、婚約指輪や結婚指輪にあしらわれることも少なくありません。

 

関連記事:希少なピンクダイヤ、石言葉と隠された意味

ピンクダイヤモンドの価値の評価基準

ピンクダイヤモンドの価値は、無色透明なダイヤモンドと同じく「4C」で評価されます。4Cの内容は下記の通りです。

  • カラット
  • カラー
  • クラリティ
  • カット

評価が高いほど価値も高まるため、ここで評価ポイントを見てみましょう。

 

関連記事:ピンクダイヤモンドの価値はどのように決まる?評価基準を紹介

カラット

カラットは、ダイヤモンドの「重量」を表します。多くの方は「大きさ」だと思われているかもしれませんが、正確には「重さ」です。そのため、同じカラット数でもカット方法によって大きさが変わることも少なくありません。
1カラットあたり0.2gとなっており、重くなるほど希少価値も存在感も大きくなります。なお、ダイヤモンドの重さを表す「カラット(carat)」と、金の純度を表す「カラット(karat)」は似ていますが、異なる意味を持っています。

カラー

カラーは、ダイヤモンドの色合いを表す要素です。無色透明なダイヤモンドの場合、無色透明に近いほど希少性が高まりますが、ピンクダイヤモンドの場合は評価ポイントが少し異なります。色の鮮やかさや濃淡、濃さ、色の種類によって価値を判別するのが、ピンクダイヤモンドならではです。

 

明るさが鮮やかなものを順に挙げると、「ファンシービビット」「ファンシーインテンス」「ファンシーディープ」になります。色が濃くてきれいなピンク色をしているほど価値が高まるのが特徴です。場合によっては、紫がかったピンクのほうが価値が上がることもあります。

クラリティ

クラリティは、ダイヤモンドの透明度を表す要素です。天然のダイヤモンドの多くは、インクルージョン(内包物)やプレミッション(疵)があるため、クラリティではこれらの有無や位置、度合いなどを評価します。透明度が高いほど輝きが増し、希少価値が高まります。

 

インクルージョン(内包物)とは、ダイヤモンドに混入した他鉱物の結晶や裂け目などのことです。位置によってはカットしても残ってしまい、美観が損なわれてしまいます。
プレミッション(疵)とは、表面の擦り傷や欠けのことで、インクルージョンが表面に達したときにプレミッションになることもあります。

カット

カットは、ダイヤモンドの仕上がりを左右する要素です。形の美しさや輝きなどを評価するため、高品質な仕上がりが求められます。4Cの中で唯一人の手が入るため、ダイヤモンドの美しさは職人の腕によって左右するといっても過言ではありません。

 

カットのランクが最高位になるほど、ダイヤモンドの美しさが増します。研磨の跡が少ない仕上がりで、各部分のバランスが整っているカットは、光を均等に反射するため美しく輝くでしょう。

ピンクダイヤモンドが「なくなる」といわれている理由

そんな魅力溢れるピンクダイヤモンドですが、以前から「なくなる」といわれています。その背景には、主要な採掘先であるオーストラリアのアーガイル鉱山の閉山が関係しています。アーガイル鉱山で採掘されていたピンクダイヤモンドは、世界でのシェア率90%以上を占めていましたが、もう残っていないとして2020年に閉山しました。

 

他の鉱山でも採掘はされていますが、アーガイル鉱山と同様のクオリティや採掘量を生み出す鉱山は未だに見つかっていません。以前から価値は上がっていますが、今後さらに希少性が増していくと考えられます。

ピンクダイヤモンドの価格相場

ピンクダイヤモンドの価格は、カラット数が上がるほど高くなります。カラット数ごとの価格相場を下記表にまとめたので、購入時の参考にしてください。

 

カラット数

価格相場

0.2ct

140,000

0.3ct

290,000

0.5ct

730,000

0.7ct

1,320,000

1.0ct

3,100,000

ゼクシィ結婚トレンド調査2022年(首都圏)によると、婚約指輪にあしらわれるダイヤモンドは0.2〜0.3cを選ぶ人が31.9%、0.3〜0.4ctを選ぶ人が24%いました。調査結果を踏まえると、0.2〜0.4ctが平均カラット数だとわかります。

ピンクダイヤモンドは資産として人気

ピンクダイヤモンドの供給量が減っている今、価値はどんどん上がっています。欲しいと思っても今後は入手が困難になると予測されるため、早めの保有がおすすめです。現物をコレクションしたりジュエリーリングとして身に着けたりして、ピンクダイヤモンドを楽しみましょう。

 

レガンは札幌を中心に展開する、ブライダルジュエリー専門店です。
日本有数の老舗ブライダルジュエリー工房へ直接オーダーを行うことで低コストを実現し、適正価格でお客様にお届けしております。
豊富なデザインと、多様なアレンジができる高い技術が好評です。
結婚指輪で迷ったら、ぜひ一度レガンにお越しください。専門知識のあるスタッフが、アドバイスさせていただきます。
札幌の婚約指輪・結婚指輪ならブライダルジュエリーレガン

ブライダルジュエリーレガンがおすすめする婚約指輪

ブライダルジュエリーレガンがおすすめする婚約指輪をご紹介します。ぜひご覧ください。

チューリップ

婚約指輪 チューリップ

婚約指輪 Tulip チューリップ

¥245,300(税込)

商品詳細へ

花言葉で「思いやり、真実の愛」を意味するチューリップ。ピンクダイヤが女性の愛情を表現し、いつまでもお互いを思いやる気持ちを忘れずにできます。

 

からの一言

シンプルなデザインで大きめのピンクダイヤが可愛いく人気です。

アルコ・イリス

婚約指輪 アルコ・イリス

婚約指輪 arco iris アルコ・イリス

¥154,000(税込)

商品詳細へ

スペイン語で「虹」を意味するアルコ・イリス。 グラデーションにセットされた両サイドのメレダイヤがセンターのダイヤモンドを輝かせてふたりの明るい未来を祝福しているようです。

 

からの一言

細めのウェーブデザイン、指元を綺麗に見せて重ね付けがどの指輪にも合います。

スノードロップ

婚約指輪 スノードロップ

婚約指輪 Snowdrop スノードロップ

¥179,300(税込)

商品詳細へ

花言葉で「希望・上品で繊細なあなたに」を意味するスノードロップ。

 

からの一言

煌びやかで、斜めにダイヤが輝いています。男性が女性に贈る時に良く選ばれます。

ファンタジア

婚約指輪 ファンタジア

婚約指輪 FANTASIA ファンタジア

¥231,000(税込)

商品詳細へ

優しく美しいピンク色が織りなすハーモニー。“永遠の愛”というメッセージが込められたブライダルリングです。

 

からの一言

ピンクのグラデーションで緩めの右上がりのウェーブなので、多くのお客様に人気です。

サテーリテ

婚約指輪 サテーリテ

婚約指輪 satelite サテーリテ

¥203,500(税込)

商品詳細へ

スペイン語で「衛星」を意味するサテーリテ。ふたりの周りはくるくると幸せが巡る。両脇に二人の周りを巡る衛星の様にメレダイヤモンドが輝き、センターダイヤモンドの輝きをより引き立たせるデザインです。

 

からの一言

ピンクゴールドとプラチナのコンビネーションで細身で可愛いデザインです。

 

ブライダルジュエリーレガンでは、オンライン販売も行っています。

ご希望のデザインやアレンジなどが出品されていない場合は、お気軽にコンシェルジュにご相談くださいませ。
LINEチャット、お電話(受付時間:11:00〜19:00)、お問い合わせフォームなどご利用頂けます。

 

レガンで指輪をご購入頂いたお客様の声

  • 旭川店

    素敵なピンクダイヤモンド

    彼からもらった婚約指輪がLEGANさんで作っていただいたピンクダイヤモンド入りの物でした。…

  • 札幌本店

    Instagramの広告で見て来店しました

    Instagramの広告で見つけ、妻と2人で来店しました。飛び込みでしたが丁寧に対応いただき…

  • 帯広店

    【知人の紹介】口コミ

    知人の紹介で来店しました。全て自分達の好みの仕上がりになりとても満足です。…

監修者

監修者の写真

北海道に店舗を構えるブライダルジュエリーレガンの編集スタッフが、婚約指輪や結婚指輪などの情報を発信しています。

本記事が初めて婚約指輪や結婚指輪を購入する方の後押しになれればと考えています。