公開日  更新日

結婚指輪に込められた意味とは?基礎知識を解説

「結婚指輪と婚約指輪を左手の薬指につける意味は?」
「結婚指輪と婚約指輪の違いを知りたい」
「実はおすすめな裏石とは?」
一生に一度の結婚、指輪選びには入念すぎるほどのリサーチが、悔いのない幸せを呼ぶことでしょう。

 

本記事では、結婚指輪の歴史や由来、意味などについて、詳しく解説していきます。
婚約指輪・結婚指輪の購入を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

結婚指輪の基礎知識

 

まずは、結婚指輪の基礎知識から見ていきましょう。
結婚指輪の意味や、歴史と由来について解説します。

結婚指輪の意味

結婚指輪は、結婚した夫婦が日常的につける指輪であり、結婚の証としての意味を持っています。
途切れない円は永遠の愛を象徴し、指輪を身につけることで周囲に結婚済みであることを示すだけでなく、結婚の実感を感じるひとつの大切なアイテムです。

 

結婚指輪は普段使いしやすいデザインが多く、結婚する人の9割以上が購入し、結婚後もずっと身につけている方が多いといわれています。
結婚指輪は、パートナーシップと愛情を象徴する特別な意味を持つものです。

結婚指輪の歴史と由来

ここからは、結婚指輪の歴史と由来について解説します。
結婚指輪を男女で交換するようになったのは9世紀頃、当時のローマ教皇の結婚が由来とされています。ニコラウス1世が結婚した際、花嫁には金の指輪、花婿には鉄の指輪を互いに贈り合ったという記録があります。
この儀式が後に広まり、13世紀には今と同じように男女間での結婚指輪の交換が一般的となりました。

 

結婚指輪は、夫婦の結びつきや愛情を象徴する大切なアイテムとして捉えられています。
その由来には歴史的背景と宗教的な要素が結びついており、結婚の儀式の一環として重要視されてきました。
結婚指輪は、永遠の愛と絆を象徴するシンボルとして世界中で愛されています。

結婚指輪と婚約指輪の違い

 

次に、結婚指輪と婚約指輪の違いについて解説します。
結婚指輪は、結婚式での交換や結婚後に着用される指輪です。
一般的に男女間で交換され、永遠の結びつきや愛情を象徴します。

 

一方、婚約指輪は、プロポーズ時に贈られる指輪で、結婚の意思を伝えるものです。
婚約指輪は一般的にダイヤモンドが用いられ、結婚を前提としたカップル間で贈られます。
結婚指輪は結婚後の着用が一般的ですが、婚約指輪は婚約期間中に着用され、結婚指輪との組み合わせで永遠の絆を象徴します。

結婚指輪と婚約指輪を左手の薬指につける意味

婚約指輪を左手の薬指につける意味を見ていきましょう。
この習慣は、古代ギリシャ時代の言い伝えに由来します。
古代ギリシャでは、左手の薬指が心臓とつながる愛の静脈が通っていると考えられていました。このため、結びつきや愛情の象徴として婚約指輪を左手の薬指に着用する習慣が生まれたのです。

 

この信じられていた静脈は「vena amoris(愛の静脈)」と呼ばれ、結婚指輪や婚約指輪の着用場所として広まっていきました。
愛の静脈という言い伝えがあり、今日でも左手の薬指を結婚指輪や婚約指輪の着用場所として一般的にしています。

 

関連記事:婚約指輪はどの指につければいい?実は指それぞれに意味がある!

裏石もおすすめ

 

結婚式には、「裏石」もおすすめです。
裏石とは、結婚指輪の裏側に埋める小さな宝石です。
裏石は通常は見えない位置のため、主石とは異なる種類の宝石が選ばれることがあります。
また、主石とのバランスやデザインのアクセントとして機能し、結婚指輪に独自の個性と美しさを与える役割を果たしています。

 

最後に、以下2つの観点からさらに知っていきましょう。

  • 誕生石と石言葉
  • 結婚指輪におすすめな石言葉一覧

それぞれ見ていきましょう。

誕生石と石言葉

結婚指輪の裏石を選ぶ際には、誕生石や石言葉を考慮するのがおすすめです。
結婚指輪にお互いの誕生石が刻まれることで、個々の特別な意味を持った宝石が結婚の象徴として相手の指に宿ります。

 

また、石言葉と呼ばれる宝石の意味や象徴性に着目して裏石を選ぶのもおすすめです。
たとえば、ダイヤモンドは永遠の愛を象徴し、エメラルドは幸福と成長を表現します。

 

このように、裏石を選ぶ際には、2人の意味や想いを反映する石言葉や誕生石を考慮すると、より特別で個性的な結婚指輪に仕上がることでしょう。

結婚指輪におすすめな石言葉一覧

最後に、結婚指輪におすすめな石を4つ石言葉とともに紹介します。

  • ホワイトダイヤモンド:「愛」「純粋」(純粋な愛を誓う結婚を表現できる)
  • イエローダイヤモンド:「笑顔」(結婚生活において常に笑顔で過ごすことを願うメッセージを込められる)
  • ブルーダイヤモンド:「永遠」「幸せ」(結婚の絆が永遠に続き、2人が幸せであることの願いを表現できる)
  • ピンクダイヤモンド:「完全無欠の愛」(相手への深い愛情と信頼を表現できる)

結婚指輪の石を選ぶ際は、石言葉を考慮して個々の意味や思いを込めることで、より特別で個性的な指輪に仕上げることができます。

結婚指輪の意味は途切れない円と永遠の愛

 

今回は、結婚指輪の意味について解説してきました。
結婚指輪は途切れない円の形状を持ち、その意味は結婚の約束と永遠の結びつきを象徴しています。

 

円は終わりのない繁栄と調和を表し、結婚生活においても途切れることなく愛情や絆が続くことを願っています。
指輪の形と共に、2人の絶え間ない愛と固い絆を結びつける象徴として、結婚指輪の意味は非常に特別で深いものなのです。

 

レガンは札幌を中心に展開する、ブライダルジュエリー専門店です。

日本有数の老舗ブライダルジュエリー工房へ直接オーダーを行うことで低コストを実現し、適正価格でお客様にお届けしております。

豊富なデザインと、多様なアレンジができる高い技術が好評です。

結婚指輪で迷ったら、ぜひ一度レガンにお越しください。専門知識のあるスタッフが、アドバイスさせていただきます。

札幌の婚約指輪・結婚指輪ならブライダルジュエリーレガン

レガンがおすすめする結婚指輪

スノードロップ

結婚指輪 スノードロップ

結婚指輪 Snowdrop スノードロップ

¥212,740(税込)

商品詳細へ

花言葉で「希望」を意味するスノードロップ。流れるようにセッティングされたダイヤモンドが、上品に輝きます。

 

レガンからの一言

男性のお客様に好評で、斜めにマット加工が人気です。女性用は、メレダイヤが多く、キラキラ輝かしいデザインです。

チューリップ

結婚指輪 チューリップ

結婚指輪 Tulip チューリップ

¥212,740(税込)

商品詳細へ

花言葉で「思いやり・真実の愛」を意味するチューリップ。指なじみの良い緩やかなラインに流れるようにメレダイヤを留めたデザインです。リング幅も3種類ご用意しているので、男性にもシャープな印象で人気があります。

 

レガンからの一言

ワンポイントで淡いピンクダイヤをセンターに指元を綺麗に見せてくれます。

シュシュ

結婚指輪 シュシュ

結婚指輪 Chou chou シュシュ

¥253,440(税込)

商品詳細へ

フランス語で「お気に入り」を意味するシュシュ。毎日身に付けるからこそ2人にとってお気に入りの指輪を選びましょう。ふたりの人生を華やかにするおまじないのピンクダイヤモンドをセッティングしました。

ヴァージンロード

結婚指輪 ヴァージンロード

結婚指輪 VirginRoad ヴァージンロード

¥270,600(税込)

商品詳細へ

1つの原石から生まれた2粒のダイヤ「ツインズキューピッド」をセッティングした結婚指輪。お二人の永遠の絆を象徴します。

 

レガンからの一言

ストレートシンプルで両サイドにピンクゴールドが見える部分が大変人気です。

アレキサンダー

結婚指輪 アレキサンダー

結婚指輪 Alexander アレキサンダー

¥277,200(税込)

商品詳細へ

ふたりの未来が幸せで満たされますように。ピンクゴールドとプラチナが混ざり合いながらもシンプルで上品なデザインのリングです。

 

レガンからの一言

メビウスの輪をイメージしたデザインでシンプルかつ上品なデザインです。

監修者

監修者の写真

北海道に店舗を構えるブライダルジュエリーレガンの編集スタッフが、婚約指輪や結婚指輪などの情報を発信しています。

本記事が初めて婚約指輪や結婚指輪を購入する方の後押しになれればと考えています。